Photo

研究テーマ

  • 仮想計算機モニタによるログ保全
  • 重要サービスへの攻撃難化
  • 仮想計算機における処理の代理実行と効率化
  • Webプッシュ通知の悪用防止
  • 詳細は研究課題のページを参照

経歴

  • 2006年(平成18年)3月 岡山県立 笠岡高等学校 卒業
  • 2010年(平成22年)3月 岡山大学 工学部情報工学科 卒業
  • 2012年(平成24年)3月 岡山大学 大学院自然科学研究科 博士前期課程 修了
  • 2013年(平成25年)4月~2014年(平成26年) 9月 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2014年(平成26年)9月 岡山大学 大学院自然科学研究科 博士後期課程 修了
    • 学位論文「ログ保全と攻撃難化によるセキュリティ向上技術に関する研究」
  • 2014年(平成26年)10月~2014年(平成26年)11月 日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2014年(平成26年)12月~2021年(令和3年)3月 岡山大学 大学院自然科学研究科 助教
  • 2021年(令和3年)4月~ 岡山県立大学 情報工学部 情報通信工学科 准教授

所属学会

  • 情報処理学会
  • 電子情報通信学会
  • ACM
  • 所属研究会や委員等は本ページ下部を参照

担当講義

  • プログラミング言語Ⅱ
  • 情報通信工学実験B
  • 情報倫理・セキュリティ
  • 情報セキュリティ(非常勤,岡山大学)

発表論文等

researchmap

学術論文 (17件)

  1. 大谷 航平,岡崎 俊樹,山内 利宏,森山 英明,佐藤 将也,谷口 秀夫,
    “複数のコアとVMに対応したKVM上の機密情報の拡散追跡機能の実現と評価,”
    情報処理学会論文誌,Vol. 63,No. 9,pp. 1398–1409 (09, 2022).
  2. Hideaki Moriyama, Toshihiro Yamauchi, Masaya Sato, Hideo Taniguchi,
    “Improvement and Evaluation of a Function for Tracing the Diffusion of Classified Information on KVM,”
    Journal of Internet Services and Information Security, Vol. 12, No. 1, pp. 26–43 (02, 2022).
    [10.22667/JISIS.2022.02.28.026]
  3. 谷口 秀夫,高杉 頌,額田 哲彰,佐藤 将也
    “揮発性/不揮発性メモリ混載計算機での高速なプログラム実行を可能にするOFF2Fプログラムの性能評価,”
    情報処理学会論文誌,Vol. 63,No. 2,pp. 515–525 (02, 2022).
  4. 石原 聖,佐藤将也,山内利宏,
    “悪性Webサイトの探索によるモバイル向けブラックリスト構築手法の提案と実証実験データを用いた分析,”
    情報処理学会論文誌,Vol. 62,No. 9,pp. 1536–1548 (09, 2021).
  5. Yuta Imamura, Rintaro Orito, Hiroyuki Uekawa, Kritsana Chaikaew, Pattara Leelaprute, Masaya Sato, Toshihiro Yamauchi,
    “Web access monitoring mechanism via Android WebView for threat analysis,”
    International Journal of Information Security (01, 2021).
    [10.1007/s10207-020-00534-3]
  6. 奥田勇喜,佐藤将也,谷口秀夫,
    “重要サービスの動作不可視化手法におけるシステムコール代理実行処理の効率化,”
    情報処理学会論文誌,Vol. 61, No. 9, pp. 1495–1506 (09, 2020)(推薦論文).
  7. 谷口秀夫,佐藤将也,河辺誠弥,横山和俊,
    “CoW機能を考慮したOFF2Fプログラムのページ例外処理の評価,”
    情報処理学会論文誌, Vol. 61, No. 3, pp. 707–717 (03, 2020)(推薦論文).
  8. Yuuki Okuda, Masaya Sato, Hideo Taniguchi,
    “Implementation and Evaluation of Communication-Hiding Method by System Call Proxy,”
    International Journal of Networking and Computing, Vol. 9, No. 2, pp. 217–238 (07, 2019). (Open Access)
  9. Masaya Sato, Hideo Taniguchi,
    “OFF2F: A New Object File Format for Virtual Memory Systems to Support Volatile/Non-volatile Memory-Mixed Environment,”
    International Journal of Machine Learning and Computing, Vol. 9, No. 4, pp. 387–392 (08, 2019).
    [10.18178/ijmlc.2019.9.4.815](Open Access)
  10. Masaya Sato, Hideo Taniguchi, Toshihiro Yamauchi,
    “Design and Implementation of Hiding Method for File Manipulation of Essential Services by System Call Proxy using Virtual Machine Monitor,”
    International Journal of Space-Based and Situated Computing, Vol. 9, No. 1, pp. 1–10 (05, 2019).
    [DOI: 10.1504/IJSSC.2019.100007]
  11. 佐藤 将也,谷口 秀夫,村岡 勇希,山内 利宏,
    “OS処理の分散実行を効果的に利用できる一括処理依頼機能の実現と評価,”
    情報処理学会論文誌, Vol. 60, No. 2, pp. 430–439 (02, 2019). (Open Access)
  12. Shota Fujii, Masaya Sato, Toshihiro Yamauchi, Hideo Taniguchi,
    “Design of Function for Tracing Diffusion of Classified Information for IPC on KVM,”
    Journal of Information Processing, Vol. 24, No. 5, pp. 781–792 (09, 2016).
    [DOI: 10.2197/ipsjjip24.781] (Open Access)
  13. Shota Fujii, Masaya Sato, Toshihiro Yamauchi, Hideo Taniguchi,
    “Evaluation and Design of Function for Tracing Diffusion of Classified Information for File Operations with KVM,”
    Journal of Supercomputing (SUPE), Vol. 72, Issue 5, pp. 1841–1861 (02, 2016).
    [DOI: 10.1007/s11227-016-1671-5]
  14. Masaya Sato, Toshihiro Yamauchi, Hideo Taniguchi,
    “Process Hiding by Virtual Machine Monitor for Attack Avoidance,”
    Journal of Information Processing, Vol. 23, No. 5, pp. 673–682 (09, 2015).
    [DOI: 10.2197/ipsjjip23.673] (Open Access)
    Specially Selected Paper
  15. Masaya Sato, Toshihiro Yamauchi,
    “Secure and Fast Log Transfer Mechanism for Virtual Machine,”
    Journal of Information Processing, Vol. 22, No. 4, pp. 597–608 (09, 2014).
    [DOI: 10.2197/ipsjjip.22.597] (Open Access)
  16. Masaya Sato, Toshihiro Yamauchi,
    “VMM-Based Log-Tampering and Loss Detection Scheme,”
    Journal of Internet Technology, Vol. 13, No. 4, pp. 655–666, (07, 2012). [draft]
    (辻井重男セキュリティ学生論文賞 情報セキュリティ学生賞受賞)
    [DOI: 10.6138/JIT.2012.13.4.13]
  17. 佐藤 将也,山内 利宏,
    “ログの改ざんと喪失を防止するシステムの仮想計算機モニタによる実現, ”
    情報処理学会論文誌, vol. 53, no. 2, pp. 847–856, (02, 2012). (Open Access)
    (2012年度情報処理学会論文賞受賞)

国際会議(査読有り) (16件)

  1. Masaya Sato, Ryosuke Nakamura, Toshihiro Yamauchi, Hideo Taniguchi
    “Improving Transparency of Hardware Breakpoints with Virtual Machine Introspection,”
    14th International Conference on E-Service and Knowledge Management (ESKM2022),
    2022 International Congress on Advanced Applied Informatics (IIAI-AAI), pp. 113–117 (07, 2022).
  2. Kohei Otani, Toshiki Okazaki, Toshihiro Yamauchi, Hideaki Moriyama, Masaya Sato, Hideo Taniguchi,
    “Function for Tracing Diffusion of Classified Information to Support Multiple VMs with KVM,”
    8th International Workshop on Information and Communication Security (WICS2021), pp. 352–358 (11, 2021).
    [DOI: 10.1109/CANDARW53999.2021.00066]
  3. Takashi Ishihara, Masaya Sato, Toshihiro Yamauchi,
    “Method of Generating a Blacklist for Mobile Devices by Searching Malicious Websites,”
    7th International Workshop on Information and Communication Security (WICS 2020) (11,2020).
    [DOI: 10.1109/CANDARW51189.2020.00070]
  4. Masaya Sato, Hideo Taniguchi, Ryosuke Nakamura,
    “Virtual Machine Monitor-based Hiding Method for Access to Debug Registers,”
    The Eighth International Symposium on Computing and Networking (CANDAR'20)(11,2020).
    [DOI: 10.1109/CANDAR51075.2020.00036]
  5. Hideaki Moriyama, Toshihiro Yamauchi, Masaya Sato, Hideo Taniguchi,
    “Improvement and Evaluation of a Function for Tracing the Diffusion of Classified Information on KVM,”
    Advances in Intelligent Systems and Computing, Vol. 1264 (2021).
    Advances in Networked-Based Information Systems (NBiS)
    [DOI: 10.1007/978-3-030-57811-4_32]
  6. Yuya Kobayashi, Masaya Sato, Hideo Taniguchi,
    “Evaluation of Processing Distribution for Application Program and OS in Microkernel OS,”
    Proceedings of 2019 Seventh International Symposium on Computing and Networking Workshops (CANDARW), pp.440–444 (11, 2019).
    10th International Workshop on Advances in Networking and Computing (WANC).
    [DOI: 10.1109/CANDARW.2019.00083]
  7. Yuta Imamura, Rintaro Orito, Kritsana Chaikaew, Celia Manardo, Pattara Leelaprute, Masaya Sato, Toshihiro Yamauchi,
    “Threat Analysis of Fake Virus Alerts Using WebView Monitor,”
    Proceedings of 2019 Seventh International Symposium on Computing and Networking (CANDAR), pp.28–36 (11, 2019).
    The Seventh International Symposium on Computing and Networking (CANDAR'19)
    [DOI: 10.1109/CANDAR.2019.00012]
  8. Masaya Sato, Yuta Imamura, Rintaro Orito, Toshihiro Yamauchi,
    “(Short Paper) Method for Preventing Suspicious Web Access in Android WebView,”
    Lecture Notes in Computer Science, Vol.11689, pp.241–250 (08, 2019).
    The 14th International Workshop on Security (IWSEC2019)
    [DOI: 10.1007/978-3-030-26834-3_14]
  9. Yuuki Okuda, Masaya Sato, Hideo Taniguchi,
    “Hiding Communication of Essential Services by System Call Proxy,”
    The Sixth International Symposium on Computing and Networking (CANDAR'18), pp.47–56 (11, 2018).
    CANDAR 2018 Best Paper Award.
    [DOI: 10.1109/CANDAR.2018.00014]
  10. Masaya Sato, Hideo Taniguchi, Toshihiro Yamauchi,
    “Hiding File Manipulation of Essential Services by System Call Proxy,”
    Lecture Notes on Data Engineering and Communications Technologies, Vol. 22, pp.853–863 (09, 2018).
    The 7-th International Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC-2018).
    [DOI: 10.1007/978-3-319-98530-5_76]
  11. Yuta Imamura, Hiroyuki Uekawa, Yasuhiro Ishihara, Masaya Sato, Toshihiro Yamauchi,
    “Web Access Monitoring Mechanism for Android WebView,”
    Proceedings of the Australasian Computer Science Week Multiconference, pp.1:1–1:8 (01, 2018).
    Australasian Information Security Conference 2018 (AISC 2018).
    (AISC 2018 Best Paper Award)
    [DOI: 10.1145/3167918.3167942]
  12. Hideaki Moriyama, Toshihiro Yamauchi, Masaya Sato, Hideo Taniguchi,
    “Performance Improvement and Evaluation of Function for Tracing Diffusion of Classified Information on KVM,”
    4th International Workshop on Information and Communication Security (WICS2017),
    2017 Fifth International Symposium on Computing and Networking, pp.463–468 (11, 2017).
    [DOI: 10.1109/CANDAR.2017.91]
  13. Masaya Sato, Toshihiro Yamauchi, Hideo Taniguchi,
    “Memory Access Monitoring and Disguising of Process Information to Avoid Attacks to Essential Services,”
    3rd International Workshop on Information and Communication Security (WICS2016),
    2016 Fourth International Symposium on Computing and Networking, pp.635–641 (11, 2016).
    [DOI: 10.1109/CANDAR.2016.0114]
  14. Masaya Sato, Toshihiro Yamauchi,
    “Complicating Process Identification by Replacing Process Information for Attack Avoidance,”
    The 9th International Workshop on Security (IWSEC2014),
    Lecture Notes in Computer Science (LNCS), vol.8639, pp.33–47 (08, 2014).
    [DOI: 10.1007/978-3-319-09843-2_3]
  15. Masaya Sato, Toshihiro Yamauchi,
    “Secure Log Transfer by Replacing a Library in a Virtual Machine,”
    The 8th International Workshop on Security (IWSEC2013),
    Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol.8231, pp.1–18, (11, 2013).
    [DOI: 10.1007/978-3-642-41383-4_1]
  16. Masaya Sato and Toshihiro Yamauchi,
    “VMBLS: Virtual Machine Based Logging Scheme for Prevention of Tampering and Loss,”
    2011 International Workshop on Security and Cognitive Informatics for Homeland Defense (SeCIHD'11) (In conjunction with ARES 2011),
    Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol.6908, pp.176–190, (08, 2011).
    [DOI: 10.1007/978-3-642-23300-5_14]

国内会議・シンポジウム(査読有り) (3件)

  1. 田辺 雅則,横山和俊,島谷 隼生,佐藤 将也,長尾 尚,谷口 秀夫,
    “オンライン処理とバッチ処理の処理負荷を分散制御する入出力制御法の仮想環境における評価, ”
    第27回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, pp. 179–186, (11, 2019).
  2. 谷口 秀夫,吉田 泰三,山内 利宏,佐藤 将也
    “過去のNIC負荷とプロセスのデータ送信量を考慮した複数NIC間での負荷分散法, ”
    第26回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, pp. 68–73, (11, 2018).
  3. 佐藤 将也,山内 利宏,
    “仮想計算機モニタによるログの改ざんと喪失防止システムの設計, ”
    マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2010) 論文集, pp. 213–220, (07, 2010).

研究会・シンポジウム(査読無し) (87件)

  1. 佐藤 将也,池田 悠莉,
    “フィッシングサイトにおける国および言語情報の収集と分析,”
    電気情報関連学会中国支部連合大会, (10, 2022). (発表予定)
  2. 大森 卓,佐藤 将也,山内 利宏,谷口 秀夫,
    “仮想計算機モニタによるシステムコール検知箇所の推定,”
    第21回情報科学技術フォーラム(FIT2022)講演論文集,第4分冊,pp.153–154 (09, 2022).
    (第21回情報科学技術フォーラム (FIT2022) FIT奨励賞受賞)
  3. 佐藤 将也,渡邊 響,
    “Webプッシュ通知のブラウザ拡張による制御法の検討,”
    電子情報通信学会ICSS研究会, (06, 2022).
  4. 佐藤 将也,渡邊 響,
    “Webプッシュ通知の制御による利用者保護手法の提案,”
    2022年電子情報通信学会総合大会, p.114 (03, 2022).
  5. 仲村 亮介,山内 利宏,佐藤 将也,谷口 秀夫,
    “監視プログラムのデバッグレジスタ利用をAPから隠蔽する手法の比較評価,”
    2022年電子情報通信学会総合大会, p.48 (03, 2022).
  6. 大谷 航平,山内 利宏,森山 英明,佐藤 将也,谷口 秀夫,
    “マルチコアで動作するVMに対応したKVM上の機密情報の拡散追跡機能の評価,”
    コンピュータセキュリティシンポジウム2021(CSS2021)論文集, pp. 403–410 (10, 2021).
  7. 大谷 悦志,佐藤 将也,谷口 秀夫,後藤 佑介,
    “重要サービスの動作不可視化手法における複数の重要プロセスへの拡張,”
    2021年度(第72回)電気・情報関連学会中国支部連合大会 (10, 2021).
  8. 正岡 良基,國島 丈生,佐藤 将也
    “自己啓発本を対象とする推薦システム,”
    2021年度(第72回)電気・情報関連学会中国支部連合大会 (10, 2021).
  9. 額田 哲彰,佐藤 将也,山内 利宏,谷口 秀夫,
    “擬似不揮発性メモリを用いたOFF2Fプログラムの評価,”
    第20回情報科学技術フォーラム(FIT2021)講演論文集,第一分冊,pp.173‐174 (09, 2021).
  10. 島谷 隼生,山内 利宏,谷口 秀夫,佐藤 将也
    “NUMA構成の計算機におけるメモリ操作速度に着目した評価,”
    第20回情報科学技術フォーラム(FIT2021)講演論文集,第一分冊,pp.169‐170 (09, 2021).
  11. 石原 聖,佐藤 将也,山内 利宏,
    “実証実験データを用いたモバイル向けブラックリスト構築手法の評価と未知の悪性サイト探索,”
    2021年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2021)論文集 (01, 2021).
  12. 小林優也,佐藤将也,谷口秀夫,
    “マルチコアAnTを用いた処理分散効果の比較,”
    情報処理学会研究報告,Vol.2020-DPS-185,No.10, pp.1–8 (12, 2020).
  13. 高杉 頌,佐藤将也,谷口秀夫,
    “揮発性/不揮発性メモリ混載計算機において実行プログラムを分散配置するOFF2Fプログラムの性能評価,”
    情報処理学会研究報告,Vol.2020-DPS-185,No.9, pp.1–7 (12, 2020).
  14. 島谷隼生,佐藤将也,谷口秀夫,
    “クラウドコンピューティングを支える仮想計算機技術の性能分析,”
    情報処理学会研究報告,Vol.2020-DPS-185,No.8, pp.1–6 (12, 2020).
  15. 額田哲彰,佐藤将也,谷口秀夫,
    “OFF2Fにおけるページ例外回数に着目したページ例外処理時間の評価-OSカーネル作成処理-,”
    情報処理学会シンポジウムシリーズ コンピュータシステム・シンポジウム2020(ComSys2020)論文集,vol.2020,pp.1–8 (11, 2020).
  16. 市岡秀一,川島千明,佐藤将也,山内利宏,
    “Androidにおける悪性Webサイトアクセスの可視化手法の提案とページ遷移分析,”
    情報処理学会シンポジウムシリーズ コンピュータセキュリティシンポジウム2020(CSS2020)論文集,vol.2020,pp.551–558 (10, 2020).
  17. 石原 聖,佐藤将也,山内利宏,
    “悪性Webサイトの探索によるモバイル向けブラックリスト構築手法の実証実験データによる評価,”
    情報処理学会シンポジウムシリーズ コンピュータセキュリティシンポジウム2020(CSS2020)論文集,vol.2020,pp.21–28 (10, 2020).
  18. 折戸凜太郎,佐藤将也,梅本 俊,中嶋 淳,山内利宏,
    “URLバーの切り替わり間隔に着目した意図しないWebサイト遷移の検知手法の改善と実証実験データによる評価,”
    情報処理学会シンポジウムシリーズ コンピュータセキュリティシンポジウム2020(CSS2020)論文集,vol.2020,pp.9–16 (10, 2020).
  19. 額田哲彰,佐藤将也,谷口秀夫,
    “FreeBSDのコマンド実行時におけるOFF2Fプログラムのページ例外処理時間の予測評価,”
    2020年度(第71回)電気情報関連学会中国支部連合大会,(10, 2020).
  20. 高杉 頌,佐藤将也,谷口秀夫,
    “擬似不揮発性メモリを用いた実行時のプログラム読み込みに着目したOFF2Fの評価,”
    2020年度(第71回)電気情報関連学会中国支部連合大会,(10, 2020).
  21. 佐藤将也,谷口秀夫,仲村亮祐,
    “VMMによるデバッグレジスタの読み出しと書き込みの隠蔽手法の提案,”
    情報処理学会研究報告,Vol.2020-DPS-183, No.9, pp.1–6 (09, 2020).
    第184回マルチメディア通信と分散処理研究会
  22. 市岡秀一,佐藤将也,山内利宏,
    “Android WebViewにおける利用者の意図しない悪性WebサイトへのWebアクセス可視化手法,”
    2020年電子情報通信学会総合大会 情報・システム講演論文集2,p.117 (03, 2020).
  23. 仲村亮祐,佐藤将也,谷口秀夫,
    “デバッグレジスタの読み出しと書き込みの隠蔽手法の提案,”
    情報処理学会第82回全国大会講演論文集,vol.2020,pp.483–484 (02, 2020).
  24. 石原聖,佐藤将也,山内利宏,
    “悪性Webサイトの探索によるモバイル向けブラックリスト構築手法の評価,”
    情報処理学会第82回全国大会講演論文集,vol.2020,pp.441–442 (02, 2020).
  25. 島谷隼生,佐藤将也,谷口秀夫,
    “I/O要求の優先度制御方式における実行環境の違いに着目した評価,”
    情報処理学会第82回全国大会講演論文集,vol.2020,pp.69–70 (02, 2020).
  26. 額田哲彰,佐藤将也,谷口秀夫,
    “OSカーネル作成処理におけるページ例外に着目したOFF2Fの効果予測,”
    情報処理学会第82回全国大会講演論文集,vol.2020,pp.55–56 (02, 2020).
  27. 弓削隼人,佐藤将也,谷口秀夫,
    AnTにおいて効率的な負荷分散を可能にする一括処理機能,”
    情報処理学会第82回全国大会講演論文集,vol.2020,pp.43–44 (02, 2020).
  28. 佐藤将也,谷口秀夫,鵜島匠,
    “様々な仮想計算機におけるディスク入出力性能の比較,”
    第148回システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会,
    情報処理学会研究報告,vol.2020-OS-148,no.13,pp.1–6 (02, 2020).
  29. 山田 明,佐野 絢音,窪田 歩,嶌田 一郎,中嶋 淳,吉岡 克成,瀬尾 浩二郎,満保 雅浩,佐藤 将也,松村 礼央,田辺 瑠偉,小澤 誠一,田中 翔真,梅本 俊,松田 壮,山内 利宏,澤谷 雪子,
    “スマートフォンにおけるWeb媒介型サイバー攻撃の観測機構:設計と実装,”
    2020年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2020)論文集 (01, 2020).
  30. 折戸 凜太郎,石原 聖,佐藤 将也,梅本 俊,中嶋 淳,山内 利宏,
    “AndroidにおけるURLバーの切り替わり間隔に着目した利用者の意図しないWebサイトへの遷移の検知手法の評価,”
    2020年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2020)論文集 (01, 2020).
  31. Sho Takasugi, Masaya Sato, Hideo Taniguchi,
    “OFF2F Program Execution Using Pseudo Non-Volatile Memory,”
    Advances in Networked-based Information Systems, vol.9, no.1, pp.12–18 (01, 2020).
    International Workshop on Networking, Computing, Systems, and Software (NCSS) (11, 2019). (Open Access)
  32. 石原聖,折戸凜太郎,佐藤将也,山内利宏,
    “モバイル向け悪性Webサイトの探索によるブラックリスト構築手法,”
    情報処理学会シンポジウムシリーズ コンピュータセキュリティシンポジウム2019(CSS2019)論文集,vol.2019,pp.1025–1032 (10, 2019).
  33. 折戸凜太郎,佐藤将也,山内利宏,
    “AndroidにおけるURLバーの切り替わり間隔に着目した利用者の意図しないWebサイトへの遷移の検知手法,”
    情報処理学会シンポジウムシリーズ コンピュータセキュリティシンポジウム2019(CSS2019)論文集,vol.2019,pp.1017–1024 (10, 2019).
  34. 利穂虹希,折戸凜太郎,佐藤将也,山内利宏,
    “Androidを対象とした利用者の意図しないWebサイトの分類,”
    情報処理学会シンポジウムシリーズ コンピュータセキュリティシンポジウム2019(CSS2019)論文集,vol.2019,pp.1011–1016 (10, 2019).
  35. 奥田勇喜,佐藤将也,谷口秀夫,
    “重要サービスの動作不可視化における仮想計算機停止の回避,”
    情報処理学会シンポジウムシリーズ コンピュータセキュリティシンポジウム2019(CSS2019)論文集,vol.2019,pp.152–159 (10, 2019).
  36. 森山英明,山内利宏,佐藤将也,谷口秀夫,
    “機密情報の拡散追跡機能におけるログ表示機能の実装,”
    2019年度電機・情報関係学会九州支部連合大会講演論文集,p.132 (9, 2019).
  37. 奥田勇喜,佐藤将也,谷口秀夫,
    “システムコールの代理実行における仮想計算機停止時間の削減,”
    第18回情報科学技術フォーラム(FIT2019)講演論文集,第4分冊,pp.191–192 (9, 2019).
  38. 折戸凜太郎,佐藤将也,山内利宏,
    “Android向けセキュリティアプリにおける悪性Webサイト検知率の調査,”
    第18回情報科学技術フォーラム(FIT2019)講演論文集,第4分冊,pp.181–182 (9, 2019).
  39. 佐藤将也,谷口秀夫,鵜島匠,
    “仮想計算機におけるディスク入出力性能の比較,”
    第18回情報科学技術フォーラム(FIT2019)講演論文集,第1分冊,pp.162–163 (9, 2019).
  40. 高杉頌,佐藤将也,谷口秀夫,
    “疑似不揮発性メモリを用いたOFF2Fプログラムの実行性能の評価,”
    第18回情報科学技術フォーラム(FIT2019)講演論文集,第1分冊,pp.157–158 (9, 2019).
  41. 小林優也,佐藤将也,谷口秀夫,
    “マルチコアAnTにおける通信処理分散効果,”
    第18回情報科学技術フォーラム(FIT2019)講演論文集,第1分冊,pp.155–156 (9, 2019).
  42. 高杉頌,佐藤将也,谷口秀夫,
    “OFF2F実行のための疑似不揮発性メモリの構築,”
    第146回システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会,
    情報処理学会研究報告,Vol.2019-OS-146, No. 12, pp. 1–7 (5, 2019).
  43. 小林優也,佐藤将也,谷口秀夫,
    “マルチコアAnTにおけるAPとOSの処理分散効果,”
    第146回システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会,
    情報処理学会研究報告,Vol.2019-OS-146, No. 5, pp. 1–6 (5, 2019).
  44. 小林優也,佐藤将也,谷口秀夫,
    “マルチコアAnTにおけるAPとOSの処理分散効果,”
    情報処理学会第81回全国大会講演論文集,Vol. 1, pp. 35–36 (3, 2019).
  45. 高杉頌,佐藤将也,谷口秀夫,
    “OFF2F実行のための疑似不揮発性メモリの構築,”
    情報処理学会第81回全国大会講演論文集,Vol. 1, pp. 31–32(3, 2019).
  46. 寺本大風,佐藤将也,谷口秀夫,
    AnTの要求箱通信機能を用いた処理の多重化方式,”
    コンピュータシステム・シンポジウム論文集,Vol.2018, pp.73–80 (11, 2018).
  47. 河辺誠弥,佐藤将也,谷口秀夫,
    “FreeBSDの初期化処理におけるページ例外に着目したOFF2Fの効果予測,”
    コンピュータシステム・シンポジウム論文集,Vol.2018, pp.57–64 (11, 2018).
  48. 今村祐太, 折戸凜太郎, Kritsana Chaikaew, Celia Manardo, Pattara Leelaprute, 佐藤将也, 山内利宏,
    “AndroidにおけるWebViewのWebアクセス観測機構を利用した悪性Webサイトの脅威分析と対策の提案,”
    情報処理学会シンポジウムシリーズ コンピュータセキュリティシンポジウム 2018 (CSS2018) 論文集, Vol. 2018, No. 2, pp. 137–144(10, 2018).
  49. 谷口秀夫,佐藤将也
    “CoW機能を考慮したOFF2Fプログラムのページ例外処理の評価,”
    平成30年度(第69回)電気・情報関連学会中国支部連合大会,電子媒体 (10, 2018).
    (情報処理学会中国支部 優秀論文発表賞受賞)
  50. 谷口秀夫,寺本大風,佐藤将也
    AnTの要求箱通信機能の評価,”
    平成30年度(第69回)電気・情報関連学会中国支部連合大会,電子媒体 (10, 2018).
  51. 鷺池京郎,佐藤将也,谷口秀夫
    AnTとLinuxにおけるディスクドライバ入替え処理の評価,”
    平成30年度(第69回)電気・情報関連学会中国支部連合大会,電子媒体 (10, 2018).
  52. 佐藤将也,谷口秀夫,山内利宏,
    “仮想計算機を用いた重要ファイル保護手法の評価,”
    第17回情報科学技術フォーラム(FIT2018)講演論文集,第4分冊,pp.171–172 (9, 2018).
    (第17回情報科学技術フォーラム (FIT2018) FIT奨励賞受賞)
  53. 森山英明,山内利宏,佐藤将也,谷口秀夫,
    “KVMを利用した機密情報の拡散追跡機能におけるファイルアクセス性能の評価,”
    第17回情報科学技術フォーラム(FIT2018)講演論文集,第1分冊,pp.149–150 (9, 2018).
  54. 寺本大風,佐藤将也,山内利宏,谷口秀夫,
    “OSサーバ処理の負荷分散を可能にするAnTの要求箱通信機能,”
    第144回システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会,
    情報処理学会研究報告,Vol.2018-OS-144, No. 6, pp.1–8 (7, 2018).
  55. 奥田勇喜,佐藤将也,谷口秀夫,
    “VMMを用いて重要サービスの通信操作を不可視化する通信処理制御法,”
    第143回システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会,
    情報処理学会研究報告,Vol.2018-OS-143, No. 2, pp.1–8 (5, 2018).
  56. 奥田勇喜,佐藤将也,谷口秀夫,
    “重要サービスの特定を困難化する通信処理制御法,”
    情報処理学会第80回全国大会講演論文集第3分冊,pp. 529–530 (3, 2018).
  57. 本田紘貴,佐藤将也,山内利宏,谷口秀夫,
    AnTの要求箱通信機能を利用した処理の多重化,”
    情報処理学会第80回全国大会講演論文集第1分冊,pp. 127–128 (3, 2018).
  58. 森山英明,山内利宏,佐藤将也,谷口秀夫,
    “KVMを利用した機密情報の拡散追跡機能における高速化の評価,”
    情報処理学会第80回全国大会講演論文集第1分冊,pp. 1–2 (3, 2018).
  59. 河辺誠弥,谷口秀夫,佐藤将也
    “FreeBSDの初期化処理におけるOFF2Fの効果予測,”
    第142回システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会,
    情報処理学会研究報告,Vol.2018-OS-142, No. 2, pp. 1–8 (2, 2018).
  60. 佐藤将也,山内利宏,谷口秀夫,
    “仮想計算機を用いた重要ファイル保護手法,”
    情報処理学会シンポジウムシリーズ コンピュータセキュリティシンポジウム 2017 (CSS2017) 論文集, Vol. 2017, No. 2, pp. 1302–1308 (10, 2017).
  61. 岡﨑俊樹,森山英明,山内利宏,佐藤将也,谷口秀夫,
    “KVM上の複数VMの動作に対応した機密情報の拡散追跡機能,”
    情報処理学会シンポジウムシリーズ コンピュータセキュリティシンポジウム 2017 (CSS2017) 論文集, Vol. 2017, No. 2, pp. 1295–1301 (10, 2017).
  62. 今村祐太,上川先之,石原靖弘,佐藤将也,山内利宏,
    “AndroidにおけるWebViewのWebアクセス観測機構,”
    情報処理学会シンポジウムシリーズ コンピュータセキュリティシンポジウム 2017 (CSS2017) 論文集, Vol. 2017, No. 2, pp. 545–552 (10, 2017).
  63. 森山英明,山内利宏,佐藤将也,谷口秀夫,
    “KVMにおける機密情報の拡散追跡機能の高速化,”
    第16回情報科学技術フォーラム(FIT2017)講演論文集, 第1分冊, pp. 191–192 (9, 2017).
  64. 村岡勇希,佐藤将也,山内利宏,谷口秀夫,
    AnTの一括依頼並列処理機能,”
    2017年並列/分散/協調処理に関する『秋田』サマーワークショップ(SWoPP2017),
    情報処理学会研究報告,Vol.2017-OS-141, No. 2, pp. 1–8 (7, 2017).
  65. 佐藤将也,山内利宏,谷口秀夫,
    “プロセス管理表へのアクセス制御機能の評価,”
    第78回コンピュータセキュリティ第24回セキュリティ心理学とトラスト合同研究発表会,
    情報処理学会研究報告,Vol.2017-CSEC-78, No. 27, pp. 1–7 (7, 2017).
  66. 福居誠二,佐藤将也,山内利宏,谷口秀夫,
    “プロセッサの違いに着目した走行モード変更機構の評価,”
    情報処理学会第79回全国大会講演論文集第1分冊,pp. 169–170 (3, 2017).
  67. 村岡勇希,佐藤将也,山内利宏,谷口秀夫,
    “サーバの並列処理を促進するAnTの一括依頼並列処理機能,”
    情報処理学会第79回全国大会講演論文集第1分冊,pp. 163–164 (3, 2017).
  68. 寺本大風,鴨生悠冬,佐藤将也,山内利宏,谷口秀夫,
    “マルチコアAnTにおけるサーバプログラム間通信性能の評価,”
    情報処理学会第79回全国大会講演論文集第1分冊,pp. 159–160 (3, 2017).
  69. 鴨生悠冬,佐藤将也,山内利宏,谷口秀夫,
    “マルチコアAnTのスケジュール機構における優先度逆転抑制効果,”
    情報処理学会第79回全国大会講演論文集第1分冊,pp. 157–158 (3, 2017).
  70. 今村祐太,上川先之,工藤直樹,佐藤将也,山内利宏,谷口秀夫,
    “AndroidにおけるWebViewのWebアクセス観測機構の提案,”
    情報処理学会第79回全国大会講演論文集第3分冊,pp. 551–552 (3, 2017).
  71. 森山英明,山内利宏,佐藤将也,谷口秀夫,
    “KVMにおける機密情報の拡散追跡機能における性能改善策,”
    情報処理学会第79回全国大会講演論文集第1分冊,pp. 13–14 (3, 2017).
  72. 田村 大,佐藤将也,山内利宏,谷口秀夫,
    Tenderにおけるプロセス構成資源の事前生成による高速プロセス生成機能の評価,”
    コンピュータシステム・シンポジウム(ComSys2016)論文集, Vol. 2016, pp. 94–101 (11, 2016).
  73. 佐藤将也,山内利宏,谷口秀夫,
    “攻撃回避のためのファイル不可視化手法の提案,”
    情報処理学会シンポジウムシリーズ コンピュータセキュリティシンポジウム 2016 (CSS2016) 論文集, Vol. 2016, No. 2, pp. 224–228 (10, 2016).
  74. 鴨生悠冬,佐藤将也,山内利宏,谷口秀夫,
    “マルチコア環境における優先度継承条件の細分化による優先度逆転とオーバヘッドの抑制,”
    第15回情報科学技術フォーラム(FIT2016)講演論文集, 第1分冊, pp. 187–188 (10, 2016).
  75. 佐藤将也,山内利宏,谷口秀夫,
    “プロセス情報不可視化のための仮想計算機モニタによるメモリアクセス制御機能の評価,”
    第74回コンピュータセキュリティ・第19回情報セキュリティ心理学とトラスト合同研究発表会,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2016-CSEC-74, no. 25, pp. 1–7 (07, 2016).
  76. 佐藤 将也,山内 利宏,谷口秀夫
    “プロセス情報不可視化のための仮想計算機モニタによるメモリアクセス制御,”
    情報処理学会シンポジウムシリーズ コンピュータセキュリティシンポジウム 2015 (CSS2015) 論文集, Vol. 2015, No. 3, pp. 855–860 (10, 2015).
  77. 藤井 翔太,佐藤 将也,山内 利宏,谷口秀夫
    “プロセス間通信による機密情報拡散をKVM上で追跡する機能の設計,”
    情報処理学会シンポジウムシリーズ コンピュータセキュリティシンポジウム 2015 (CSS2015) 論文集, Vol. 2015, No. 3, pp. 191–198 (10, 2015).
  78. 佐藤将也,山内利宏,谷口秀夫,
    “プロセス特定困難化のためのプロセス情報の置換手法の評価,”
    第70回コンピュータセキュリティ・第14回情報セキュリティ心理学とトラスト合同研究発表会,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2015-CSEC-70, no. 25, pp. 1–7 (07, 2015).
  79. 穴田 啓晃,佐藤 将也,山内 利宏,堀 良彰,盛合 志帆,櫻井 幸一,
    “国際会議ASIACCS 2014報告,”
    コンピュータセキュリティシンポジウム 2014 (CSS2014) 論文集, pp. 1327–1334 (10, 2014).
  80. 佐藤 将也,山内 利宏,
    “プロセス特定困難化のためのプロセス関連情報の置換手法, ”
    第158回マルチメディア通信と分散処理・第64回コンピュータセキュリティ合同研究発表会,
    情報処理学会研究報告,vol. 2014-CSEC-64, no. 20, 電子媒体 (03, 2014).
  81. 佐藤 将也,山内 利宏,
    “プロセス関連情報の不可視化によりプロセスの識別を困難にする攻撃回避手法, ”
    コンピュータセキュリティシンポジウム 2013 (CSS2013) 論文集, pp. 1042–1049 (10, 2013).
    (CSS2013学生論文賞受賞)
  82. 佐藤 将也,山内 利宏,
    “ライブラリの置き換えによるVM外部への安全なログ転送方式における応用プログラムを用いた性能評価,”
    第12回情報科学技術フォーラム (FIT2013),pp. 185–186 (09,2013).
    (第12回情報科学技術フォーラム (FIT2013) FIT奨励賞受賞)
  83. 佐藤 将也,山内 利宏,
    “ライブラリの置き換えによるVM外部への安全なログ転送方式の評価,”
    第62回コンピュータセキュリティ・第6回情報セキュリティ心理学とトラスト合同研究発表会,
    情報処理学会研究報告, vol. 2013-CSEC-62, no. 18, 電子媒体 (07, 2013).
  84. 佐藤 将也,山内 利宏,
    “ライブラリの置き換えによるVM外部への安全なログ転送方式の提案,”
    第59回コンピュータセキュリティ研究発表会
    情報処理学会研究報告, vol. 2012-CSEC-59, no. 6, 電子媒体 (12, 2012).
  85. 佐藤 将也,山内 利宏,
    “仮想計算機モニタによりログの改ざんや消失を検知する方式の実現,”
    2012年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2012), 電子媒体 (02, 2012).
  86. 佐藤 将也,山内 利宏,
    “仮想計算機モニタによるカーネルログ取得機能の実現と評価, ”
    第54回コンピュータセキュリティ・第1回情報セキュリティ心理学とトラスト合同研究発表会,
    情報処理学会研究報告,vol. 2011-CSEC-54 2011-SPT-1,no. 28,電子媒体 (07, 2011).
  87. 佐藤 将也,山内 利宏,
    “仮想計算機モニタによるログの改ざんと喪失防止システムの提案と評価, ”
    コンピュータセキュリティシンポジウム 2010 (CSS2010) 論文集, vol. 2010, pp. 261–266 (10, 2010).

ポスタ発表 (3件)

  1. Rintaro Orito, Koki Riho, Yuta Imamura, Masaya Sato and Toshihiro Yamauchi,
    “Threat Analysis of Fake Virus Alerts by Using Web Access Monitoring Mechanism for Android WebView,”
    The 14th International Workshop on Security (IWSEC2019), (8, 2019).
  2. Masaya Sato and Toshihiro Yamauchi,
    “Mitigating Attacks Based on Process Identification by Disguising Process Information,”
    9th ACM Symposium on Information, Computer and Communications Security (ASIACCS2014), (06, 2014).
  3. Masaya Sato and Toshihiro Yamauchi,
    “Secure log transfer in virtual machine with minimal modification to library,”
    The 7th International Workshop on Security (IWSEC2012), (11, 2012).

Invited Session (1件)

  1. Masaya Sato
    “Attack Avoiding Method Obscuring Process Identification by Making Process Information Invisible,”
    The 9th International Workshop on Security (IWSEC2014), (08, 2014).

外部資金

委員等

  • 情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS)編集委員 (継続)
  • 情報処理学会システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会(OS研究会) 運営委員 (2018-2022)
  • 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理研究会(DPS研究会) 運営委員 (2021-継続)
  • 電子情報通信学会情報通信システムセキュリティ(ICSS)研究専門委員 (2021-継続)
  • MWS実行委員会委員(2021-継続)
  • CSS2020, CSS2021プログラム委員
  • ComSys2020, ComSys2021プログラム委員
  • DPSWS2021プログラム委員
  • 情報処理学会中国支部運営委員 (2019-2021)
  • 電子情報通信学会 中国支部学生会顧問 (2022年05月-)
  • CANDAR2022, WICS2022 Program Committee

受賞等

受賞(16件)

  1. 平成23年度 岡山大学 大学院自然科学研究科長賞(2012年3月23日)
  2. 2012年度 情報処理学会 論文賞(2013年6月5日,753編中13編受賞)
  3. 第12回情報科学技術フォーラム (FIT2013) FIT奨励賞(2013年9月6日)
  4. CSS2013 学生論文賞(2013年10月22日)
  5. 辻井重男セキュリティ学生論文賞 情報セキュリティ学生賞(2014年3月5日)
  6. 平成26年度 岡山大学 大学院自然科学研究科長賞(2014年9月30日)
  7. 平成26年度 仁科賞(平成27年3月18日)
  8. CSS2015学生論文賞 (2015年10月)
  9. AISC 2018 Best Paper Award (31/Jan/2018)
  10. 第17回情報科学技術フォーラム(FIT2018)FIT奨励賞 (2018年9月20日)
  11. CANDAR 2018 Best Paper Award (29/Nov/2018)
  12. 平成30年電気学会優秀論文発表賞 (2019年2月1日)
  13. 情報処理学会中国支部 優秀論文発表賞 (令和元年5月30日)
  14. CSS2019学生論文賞 (2019年10月)
  15. CSS2020学生論文賞 (2020年10月)
  16. MWS2020学生論文賞 (2020年10月)

その他(3件)

  • MWS Cup 2015 第2位,チーム「セキュリティ讃歌」
  • IWSEC Cup 2015 the Bronze Prize of the malware-analysis competition,Team ``Security SANKA''
  • MWS Cup 2016 第1位,チーム「セキュリティ讃歌」

関係の深い研究室

谷口研究室(岡山大学)
山内研究室(岡山大学)
乃村研究室(岡山大学)
計算機ソフトウェアグループ(SWLAB)
Last update: 2022年9月